むっくとあずきのぽかぽか日記

マルチーズとトイプードルとの暮らし
TOPスポンサー広告 ≫ 諦めねぇ、、TOP日常 ≫ 諦めねぇ、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

諦めねぇ、、

今でも毎日ね、

骨壺にそっと手を当てて
1日に何度も写真の中のむっくに話しかけてるよ。

おはよう、行ってきます、ただいま、おやすみ。
この4つのお約束的なチューも欠かさない。

お散歩だって一緒に行ってるんだ、
むっくのリードを左手にギュッと握りしめてね。

むっくの分のゴハンやオヤツも
お皿が空っぽになることはないけど
今もずっと用意し続けてる。




mukku20111103.jpg





「骨になると諦めがつくでしょ」


お散歩会議で慰め的にそんな言葉を投げかけられて
思わず返事に困ってしまった。

その人はね、そうだったんだって。



諦めかぁ、、


お骨になった、ならないに関わらず
むっくの死は受け止めているつもり。
それでも、
毎日何度も骨壺を撫で
毎日4度、骨壺にチューをし
むっくの姿がそこにはなくても
むっくと過ごしてきた日常を今も変わらず送るワタシは、、

どうなんだろうね。




IMG_0934.jpg



これから時が経つにつれて
むっくを想う時間は次第に少なくなっていくことでしょう。

でもそれは諦めとは少し違う気がするのです。

心のポケットに悲しい事実を一時的にしまい込む時間が
増えるだけ。

じゃないと、辛すぎて生きていけないから、、






追記、
あっ、これね、発言者を責めてるわけじゃないのよ~。
考え方って人それぞれですからね。
もしその人が本当に自分の気持ちに区切りをつけられたのなら
いつまでもメソメソしているワタシからすれば
それはそれで凄いことだと思うし。
ただ、「諦める」って言葉の意味って
とても深くて複雑で難しいなって感じたのでした。








たくさんのコメントをありがとうございます。
いただいたコメントはひとつひとつ大切に読ませていただいています。
個別にお返事したい気持ちでいっぱいなのですが
精神的な余裕が今はなくて、、
ごめんなさい。
心あたたまるコメントに感動して涙し、癒され、そして元気をもらっていること、
この場でお伝えできればと思います。
本当にありがとうございます。





☆ランキングに参加してます☆
↓どちらかおひとつポチッていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

*応援ありがとうございました*
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年10月08日(Wed) 23:08
No title
編集
捉え方は人それぞれだからね。
でも、そういう人(諦めるとか)は少ないと思うなぁ。

確かに、亡くなった子を思う時間は少なくなると
思うけど だから 忘れたとかってことではないと思うな。
亡くしたわんこのことを思って 私も涙することはほとんど
なくなってきたけど 今でも感謝の気持ちでいっぱいだから。
なんていうんだろう、うまく表現できないけどf^^
2014年10月08日(Wed) 23:39
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年10月09日(Thu) 07:55
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年10月09日(Thu) 09:04
No title
編集
人間ほど感受性が豊かな動物は存在しません。
だからこそ、悲しみや苦しみに押し潰れてしまいそうになる。
その為に、神様は「時間と共に変わっていく感情」とうい特効薬を
作ってくれたそうです。
愛する者との別れは、全てを闇の世界にしてしまうほど辛く悲しいけれど、
時間と共に、いつしか悲しいだけじゃない温かで幸せな記憶を思い出します。

今は、むぅ様を思うと涙が出てしまうけど
むぅ様を思うと自然と笑顔になれる日がくるはず。

今、ココ様がされているむぅ様とのコミュニケーション。
とっても大事だと思いますよ。
むぅ様が、いつしかココ様の心のお守りになるまで
いっぱいいっぱいお話ししてチュッチュして下さい。

2014年10月09日(Thu) 09:57
No title
編集
諦め・・・
あのふわふわのあの子の身体にもう触れられないということで、
火葬はある一区切りにはなったけどね、たしかに。
でも、
(ココさんのむっくさんへのコミュニケーションの仕方とはちょっと違うんだけども・・・)、
時間がたってきて、思う時間はすくなくはなってきていはいますが、
思っている時は今だって、どこかで寝てて、見に行ったらいて、
名前をよんだら顔を上げ、撫でたらいつもの顔をする・・・って、
ないのはわかっていても、そう思っちゃうもの。
火葬で諦めが・・・という言葉は、う~ん違いますよ、ワタシも。
2014年10月09日(Thu) 11:46
No title
編集
私もお写真撫でたりしてるよ。。。
私も火葬しても全然気持ち区切れなかった
無理にあきらめたり区切りつける必要は
きっとないんだと思うよ
思い出す時間少なくなっても
思い出さないことはないし
心の引き出しに仕舞って
引き出し開けてまた逢うんだよね
もうすぐ3年たつけど
今でも思い出すと涙が出るよ。。。
2014年10月09日(Thu) 13:07
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年10月09日(Thu) 13:39
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年10月09日(Thu) 14:37
No title
編集
そうだね、人それぞれ だね。
ココさんはココさんの悲しみ方、悲しみの仕舞い方、
仕舞い時がきっとある。
仕舞った悲しみを自分の思ったときに引っ張り出して
たくさん涙する時もあるよね、たぶん何年たっても泣く。
悲しみは癒えないもん、仕舞い方がうまくなるだけ。




2014年10月09日(Thu) 18:46
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年10月09日(Thu) 20:48
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年10月09日(Thu) 21:20
No title
編集
ショーンです
犬と暮らすというのは、いつかその日を
迎えるという契約みたいなものですよね
彼らの寿命の方が短いのだから
ふぅを迎えたとき、私は56歳でした
この子より長生きして見送ってあげなきゃ
って強く思いましたよ
今もその思いは益々強いです

人それぞれですから、他人の意見は意見、
自分の生き方も人に押し付けないこと、
サラリとしなやかに生きたいですね
2014年10月09日(Thu) 21:29
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年10月09日(Thu) 21:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

ココ

Author:ココ
犬達と一緒に
田舎でのんびり暮らしています。

むっく♂マルチーズ
2000年1月27日生
体重:3.6キロ
性格:ツンデレなイケメンマル。
*2014年9月10日永眠*

あずき♂トイプードル
2008年9月27日生
体重:5.8キロ
性格:天真爛漫でおっちょこちょい。

こむぎ♀マルチーズ x 狆
2015年2月5日生
体重 : 3.6㌔
性格 : お転婆ちゃん

*****************

最新記事
最新トラックバック
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。